Photographers Inc

私は西洋医学を離れ一切の薬を飲む事を止め、新気功で難病を治しました。

2013年7月2日

新気功の経験投稿.初回。
このカテゴリーでは私と新気功との関わり等、健康を維持する、
或は病気を治す事に関連する投稿をしていきたいと思います。

 

6年前私は胸と頭がとても痛く、他にも体中に神経痛の痛みのようなモノが頻繁にあり、

最後は横になって寝る事すら困難な状態でした。

 

その頃の夢はほんの少しでも良いから、うたた寝がしたいと願う事でした。

眠くなり少しでもうたた寝をすると、神経痛の様な痛みが全身にはしりビクッとして起こされます。

その他にも排尿すると足の親指が我慢出来ないくらいの激痛に襲われたり、

奇妙な症状が次から次へと現れて参りました。

 

日常生活は全く出来なくなり、痛みと不安を抱える毎日でした。

色んな病院で様々な検査をしましたが、原因不明で痛み止めを処方されるばかり..。

そのうち痛み止めも効かなくなってしまいました。

 

そんな中で中学生時代の同級生が整形外科医をしており、

病変の奇妙さに気づき「SAPHO症候群」ではないかと疑っていました。

その友人の紹介でリュウマチ内科の先生を紹介して頂き確定診断をして貰いました。

その病名はやはり『 SAPHO症候群 』でした。

 

その時の症状は胸骨にシロアリに虫歯まれたような骨破壊が起こり、

また頭蓋骨に骨腫瘍が出来、左顎の骨が解けた状態でした。

この病気は世界でもあまり知られていなかった様です。

 

ステロイドの服用や痛み止め、睡眠薬、胃腸薬等、薬はどんどん増えていく一方で、

副作用でムーンフェイスになったり、情緒不安定になったりで、精神的にも限界を感じ、

心が折れる寸前でした。

 

一つその時の事で担当医に感謝している事があります。

私の病気に対して基本的には原因不明なので治す事を約束出来ないと正直に言ってくれた事でした。

その言葉がなかったら西洋医学を離れ、私の言うところの新気功治療に委ねる事が出来なかった様に思います。

私が担当の先生にこの新気功での治療にすべてを託す考えをお話しすると、

「その方法も一つの方法だね」と承諾してくれました。

今思えば選択肢があっただけでも本当に有り難い事だと思います。

 

そうして私は西洋医学を離れて新気功で体を治す為、札幌を離れ東京に引っ越す事になりました。

新気功の先生は眞々田昭司先生と言う方です。

通称「ママ先生」です。

「ママ先生の新気功クリニック」は目黒にあり一年半以上通い続けました。

参考:http://homepage3.nifty.com/mamasensei/

 

眞々田先生は当時予見してくれました。

「一年位経つと骨は元に戻ってるよ」と...。

大学病院で検査の為だけに行くと、なんと予見通り黒い穴だらけの骨の画像が真っ白になっていました。

骨が再生したのです。

私には奇跡が起きたと感じました。

眞々田先生的には当然の結果だった様です。

 

ママ先生の治療のお陰で少し動ける様になった私は、毎日ママ先生に教えて頂いた気功の動作を1時間以上かけて行い、

ママ先生式の食事療法、呼吸法を一年半欠かさず行いました。

勿論、薬の服用は一切していません。

 

今日、空間デザイナーとてまた働ける様になったのも、時々趣味の音楽活動が出来る様になったのも、

何よりも新天地でたくさんの友人知人が増え人生の再スタートが出来たのも、

今まで常識だと思っていた生活からシフトし、

真実を知り得た事で人生をまた歩みはじめる事が出来ました。

 

病の経験で病気を治しただけではなく、様々な事や思いを経験する事が出来、

人生に対する価値観が更に大きく変わった事を強く感じます。

 

私のこの経験を通じ、同じ様な病や症状で苦しんでいる人達にも伝え参考にして頂き、

病を自分で治すきっかけになって貰いたいと思い文面を書いています。

 

BLOGでは健康な人も含めて自然治癒力の活かし方を随時私の経験を通して投稿して参りたいと思います。

 

皆さんが健康で希望ある人生を過ごせます様、心から願って...。

 

※私の当時の病変のCT画像をUPします。

胸骨の骨破壊CT画像

胸骨の骨破壊CT画像

頭蓋骨の骨破壊CT画像

頭蓋骨の骨破壊CT画像

顎の骨の骨破壊CT画像(断面)

顎の骨の骨破壊CT画像(断面)

顎の骨の骨破壊CT画像(平面)

顎の骨の骨破壊CT画像(平面)

 

 

コメント

ホーリー [ 2013年7月2日 ]

今度、呼吸法を教えてください(^_−)−☆

kichiro [ 2013年7月2日 ]

HOLY.是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です